森部英司(もりべえいじ)
愛媛県今治市馬島

おそらく日本に唯一と思われる馬作家森部英司。彼は美大卒業後に乗馬クラブに勤務し、その後馬作家へ転身した。人間と馬との歴史的関係と文化的広りを総合的に美術作品やインスタレーション作品として発表している。そこにはただ愛玩的に馬を愛でるのでない、深く誠の愛情が込められている。

今回の展示「umatabi」は、彼の拠点である愛知県から展示会場である三津浜までの道のりで、地名に「馬」が含まれる場所に可能な限り足を運び撮影した一連の写真作品である。馬が含まれる地名には必ず馬に関する逸話や縁があるはずであり、今は遠くなってしまった私たちと馬との関係に今一度想いを馳せる契機となった。

人間と馬、人間と動物、人間と人間、それぞれの関係というものが森部によって照らされ詳らかにされるような作品を今後も期待している。

EIJI MORIBE website

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です